太陽光発電システムで利益を追求するソーラー経営とは?

太陽光発電システムで利益を追求するソーラー経営とは?

建物や土地の屋根にソーラーパネルを設置できる環境であればソーラー経営が可能です。太陽の光を電力に変換できます。
発電した電力は自分で使用することもできますが、電力会社に決められた価格によって売電することができます。
これがソーラー経営と呼ばれるものです。
 
「再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度」が法律で規定されています。
ソーラーパネルの発電規模によって10年または20年の期間、固定価格で売電できます。
傾向としては買い取り価格が毎年減少傾向にあります。ですが、技術が進歩してきており、ソーラーパネルの発電効率は良くなっています。
設備投入コストも下がってきています。
日当たりが問題なく確保できるスペースがあるならば、5パーセントから10パーセントの安定的な利回りが期待できるメリットがあります。
 
同じ土地活用でも賃貸住宅経営の家賃と比較した場合、有利です。
都心部なら利回りの有利さはあるでしょう。しかし、家賃が安い地方ならば、ソーラー経営の方が利回りは良いこともあります。
空室のリスクもないので、この面から考えると魅力的なソーラー経営だと思います。
 
 
 
★☆★ ソーラー経営はどういった人に向いているのか? ★☆★
 
空いている土地を持っている地主さんは、なんとか土地を効率良く利用して経営をしたいと思っています。
そこで注目されているのがソーラー経営です。簡単に出来そうですし、建物を建てることもありません。
売電ということで高利回りが期待できるという印象を持っているでしょう。
 
ソーラー経営は最近の土地活用で見ると、成長率も高いです。比較的利回りが高い傾向にあります。
しかし、自分が所有している土地が、ソーラー経営に向いているかどうか、キチンと適性を精査しないと採算が取れなくなってしまうこともあります。
どのようなところを注意したら良いのかを次に説明します。
あなたの環境や土地がソーラー経営に向いているのかをチェックしてみてください。



  一枚板

キックボクシング 大阪